ファクタリングのメリットとデメリットとは?

ファクタリングについては、当サイト「ファクタリングとは?」をご覧頂けましたらご理解頂けるかと思います。

ココではそんな資金調達、資金繰り、キャッシュフローを大幅に改善出来るファクタリングのメリットとデメリットをまとめてみたいと思います。

ファクタリングのメリットとは?

ファクタリングのメリットと言えば、

 売掛金を早期に回収する事が出来るのでキャッシュフローの大幅な改善になる

売掛金と言うのは、現金振込みであったり、手形であったり。月末締めの翌月末支払い、120日手形、180日手形といったように、現金化されるのに時間がかかる事が非常に多くなっています。

これはある意味、事業を行う上で覚悟をしなくてはなりませんが、この間にも必要経費はどんどん出て行くわけです。事業で一番の命取りとなるのが「資金繰りの悪化」です。

黒字倒産なんていう言葉をよく聞きますが、利益は出ていても現金(キャッシュフロー)が悪くなると会社はかなり危険な状態になってしまいます。このファクタリングはその資金繰りには非常に有効な資金調達方法と言えるのです。

 ファクタリングは「借入れ」ではない

通常、銀行などで事業性融資を受ける場合には、厳しい審査を乗り越えたり、担保を入れたり、もちろん税金もしっかりと払っていなくては融資を受ける事は出来ません。

しかも銀行融資では審査にかなりの時間がかかる事が多いので、すぐに資金が必要な場合にはなかなか難しい選択となります。また信用ブラックであったり、税金滞納中、債務超過、赤字決算など、時間に余裕があったとしても銀行から融資を受けられない事もよくある事です。

特に最近の銀行の貸し渋りは悪化する一方ですので。しかしこのファクタリングは「借金」ではありませんので、どんな状況の方でも「売掛金」があれば資金を調達する事が出来るのです。

 取引先が倒産をしても支払いのリスクがない

この不況の時代ですので、取引先が倒産をして売掛金の回収が出来ないケースも多々あります。「無い袖は振れない」なんていう言葉をよく聞きますが、取引先が倒産をしてしまったら、売掛金を現金化することも非常に難しくなる事でしょう。

しかしファクタリングを利用すれば、そんな心配も必要ありません。ファクタリング会社がすべてを請け負ってくれますので。これもファクタリングの大きなメリットと言えるでしょう。

ファクタリングのデメリットとは?

ファクタリングとは良い事ばかりなのでしょうか?ココではファクタリングのデメリットをお伝えしたいと思います。

 ファクタリング会社に割引(手数料)を支払わなくてはならない

通常よりも早く売掛金を現金化するのがファクタリングですので、もちろんファクタリング会社への手数料は必要となってきます。早期に現金化する為に、本来の売掛金が少し目減りしてしまう・・・と言う事ですね。

 ファクタリングとは債権譲渡になるので取引先に確認をしなくてはならないケースもある

売掛金がある企業(取引先)と自社とファクタリング会社での3社間取引となるケースも出てきます。この場合は、取引先の承諾を得る可能性も出てくるので時間がかかる事もあります。

ファクタリングのメリットとデメリットについて

上記でファクタリングのメリットとデメリットをお伝えしましましたが、資金調達をどうしてもしたい、早期に現金化をしたい、と考える経営者にとっては、正直言ってファクタリングはメリットの方が大きいでしょう。

もちろん本来の売掛金が目減りするのは勿体ない気もしますが、それ以上に重要なのが「キャッシュフローの改善」だと私は思っています。

赤字だろうと、債務超過だとうと会社と言うのは「お金が回っている間は倒産しない」と言うのが鉄則だからです。こういった意味からも、ファクタリングは資金調達方法としてどんどん認知度を上げていくでしょう。

 

当サイトでは、御社の考え方や状況に最適なファクタリング会社を見つける事が出来る無料サービスをご紹介しています。

たった10秒の簡単な入力でどれぐらいの資金が調達出来るのか?どんなファクタリング会社があっているのか?必要な手数料はどのくらいなのか?がすぐにわかるとても便利なサービスとなっています。資金繰り解消の為のファクタリング会社探しにご利用ください。

※注意
「資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください」

ファクタリング

2015年9月21日 ファクタリングのメリットとデメリットとは? はコメントを受け付けていません。 メリット・デメリット