ファクタリングの仕組みについてまとめてみましょう!

ファクタリングを利用しようと検討中の経営者の方に、ファクタリングの仕組みについてお伝えしていきたいと思います。まずはこのファクタリングの仕組みを十分にご理解して頂ければ、どれだけ魅力的な資金調達方法かがわかるかと思います。

売掛金を早急に現金化するファクタリングの仕組みとは?

ファクタリングの仕組みや流れについてまとめてみましょう。

①取引先にサービスの提供、納品などが完了

②売掛金の発生

③ファクタリング会社とファクタリング契約

④取引先企業(売掛金がある企業)との請求金額を確認

⑤ファクタリング会社から売掛金を受ける

⑥取引先企業(売掛金がある企業)からファクタリング会社へ支払い

ファクタリング契約が実行されるまでの簡単な流れになります。自社と取引先企業の間にファクタリング会社が入る事によって、従来なら30日、60日、120日後といった資金回収スピードが早まる、という流れですね。

ファクタリング仕組み

この間に入るファクタリング会社は手数料を徴収する事によって成り立っているわけです。今では様々なファクタリング会社がありますが、その中でも即日現金化してくれるファクタリング会社も存在します。

 とにかく従業員の給与支払いまで時間がない
 新しい仕入れを起こさないといけないが資金が回っていない
 取引先への支払日に間に合わない

このような状態の経営者の方は、すぐにでもファクタリング会社へ相談をするのが良いと思います。

しかしファクタリング会社によっても手数料の違いや、売掛金の何%まで資金を調達してくれるのか?も違ってきますので、まずは御社の希望にあったファクタリング会社を見つける事が最も重要な事と言えるでしょう。

 

当サイトでは、御社の考え方や状況に最適なファクタリング会社を見つける事が出来る無料サービスをご紹介しています。

たった10秒の簡単な入力でどれぐらいの資金が調達出来るのか?どんなファクタリング会社があっているのか?必要な手数料はどのくらいなのか?がすぐにわかるとても便利なサービスとなっています。資金繰り解消の為のファクタリング会社探しにご利用ください。

※注意
「資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください」

ファクタリング

2015年9月21日 ファクタリングの仕組みについてまとめてみましょう! はコメントを受け付けていません。 仕組みについて