ファクタリングは借入金ではない!借金出来ない人でもOK!

DL196_Lファクタリング取引と言うのは、あくまでも売掛金を売買する取引と言う事で、ファクタリングは借入金ではありません。

当サイト「ファクタリングとは?」でもご説明していますが、借入金ではないので以下のような経営者の方でも利用する事が出来ます。

 銀行返済の条件変更中(リスケジュール中)
 税金滞納中
 借入れブラック
 銀行融資を断られた
 ビジネスローンがダメだった
 商工ローンがダメ
 つなぎ融資が受けられない

このような、通常の融資や借入れが出来ない方でもファクタリングを利用して資金調達をする事が出来るのです。

ただしファクタリングを利用するにも条件があります。

 事業用資金として使う(滞納中の税金に充てるのは可能)
 安定した売掛金がある(売掛金の大きさはファクタリング会社によって異なります)

この2点をクリアしている事が前提となります。

ファクタリングで調達出来る資金と言うのは、売掛金のうちファクタリング会社が手数料を差し引いた金額になります。

しかも審査と言うのは、自社ではなく、取引先の信用度によってもファクタリングの限度額は異なってきます。(ファクタリング会社によっても異なります)

こういった事から、キャッシュフローがしっかりと改善されれば売上を伸ばす事が出来る、利益をしっかりと出して立て直す事が出来る、といったニーズに応える唯一の資金調達方法としてファクタリングは注目を集めているのです。

どうしても「融資」と誤解される方も多いのがファクタリングですが、ファクタリングは借入金ではありませんのでご安心ください。あくまでも売掛金の売買という仕組みですので。

 

当サイトでは、御社の考え方や状況に最適なファクタリング会社を見つける事が出来る無料サービスをご紹介しています。

たった10秒の簡単な入力でどれぐらいの資金が調達出来るのか?どんなファクタリング会社があっているのか?必要な手数料はどのくらいなのか?がすぐにわかるとても便利なサービスとなっています。資金繰り解消の為のファクタリング会社探しにご利用ください。

※注意
「資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください」

ファクタリング

2015年9月21日 ファクタリングは借入金ではない!借金出来ない人でもOK! はコメントを受け付けていません。 借入金との違い