ファクタリング会社の手数料相場ってどのくらい?

DL139_Lファクタリング会社へ売掛金の売買を依頼すると、売掛金からいくつかの手数料が差し引かれます。このファクタリングにかかる手数料については、ファクタリング会社によっても違ってきます。

誰もが「手数料は少しでも安い方が良い」と思われるかと思いますが、その分時間がかかってしまったり、手数料は高くても資金調達実行までの時間が早かったりと様々です。

そこでココではファクタリングの手数料の相場をまとめてみたいと思います。あくまでも参考程度に、という形でご覧ください。

まずファクタリング取引について、単純に手数料と言っても実際にはファクタリングの手数料相場はわかりにくい部分があります。

この理由は、ファクタリング会社によっては2社間取引を行ってくれる業者もあれば、自社・ファクタリング会社・取引先と3社間取引を行うファクタリング会社もあるからです。

通常では売掛金の5~20%ぐらいがファクタリング会社の手数料相場と言われていますが、これも取引方法によっても異なってくるのが現状です。

もちろん2社間取引を行ってくれるファクタリング会社であれば、資金調達までの時間も短縮出来ますし、債権譲渡登記についても公開をするファクタリング会社もあれば、非公開で進めてくれるファクタリング会社もあります。

こういったサービスの違いによってもファクタリング手数料に差が出てしまうわけですね。

中には取引先には知られたくない、逆に資金調達が出来るなら取引先に知られても良い、と経営者の方の考え方も様々だと思います。

こういった部分は御社の希望に沿ったファクタリング会社で取引をするのが一番良い方法と言えるでしょう。

 

当サイトでは、御社の考え方や状況に最適なファクタリング会社を見つける事が出来る無料サービスをご紹介しています。

たった10秒の簡単な入力でどれぐらいの資金が調達出来るのか?どんなファクタリング会社があっているのか?必要な手数料はどのくらいなのか?がすぐにわかるとても便利なサービスとなっています。資金繰り解消の為のファクタリング会社探しにご利用ください。

※注意
「資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください」

ファクタリング

2015年9月21日 ファクタリング会社の手数料相場ってどのくらい? はコメントを受け付けていません。 手数料について