建設業・小売業・製造業にはファクタリングのメリットが大きい

a0002_012029ファクタリングと言うのは、売掛金(売掛債権)を売却し、資金回収スピードを早くすることが出来るというサービスになります。

特に建設業・小売業・製造業の経営者の方は、回収サイクルが遅いのでファクタリングによって資金繰りが良くなる傾向が多いようですね。

確かに手形を切ってもらっても、業界的に厳しい建設業や仕入れが必要となる小売業にとって、売掛金が先に入ってくると言うのは本当に助かるところだと思います。

キャッシュフローが良くなれば、新規取引先を探すことも出来ますし、新しい仕入れを起こす事も出来るようになってきます。

売上に貢献出来る!と言うのがファクタリングの最高のメリットと言えるしょう。

こういった理由から、中小・零細企業の小売業などではファクタリングの利用数がかなり多くなってきました。

国自体も、もっと中小・零細企業の資金調達に力を入れていく想いがあるようですので、これからもファクタリングは増えていくことになるでしょう。

一方、2015年からスタートした電子記録債権(でんさい)も新しい取引先との支払い方法として注目を集めています。

この電子記録債権(でんさい)と言うのは、従来の受取手形を電子化したサービスとなっていて、印紙代の節約や銀行に言って割引をしてもらう手間を省く、郵送代なども無くなりますので、いろいろな企業で導入が始まっています。

しかしファクタリングと比較をすると、同じようで実はまったく違うのが電子記録債権(でんさい)ですので、どちらが自社にあうのか?という事もしっかりと検討する必要があるかと思います。

 

当サイトでは、御社の考え方や状況に最適なファクタリング会社を見つける事が出来る無料サービスをご紹介しています。

たった10秒の簡単な入力でどれぐらいの資金が調達出来るのか?どんなファクタリング会社があっているのか?必要な手数料はどのくらいなのか?がすぐにわかるとても便利なサービスとなっています。資金繰り解消の為のファクタリング会社探しにご利用ください。

※注意
「資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください」

ファクタリング

2015年9月24日 建設業・小売業・製造業にはファクタリングのメリットが大きい はコメントを受け付けていません。 メリット・デメリット