建設業・小売業・製造業にはファクタリングのメリットが大きい

a0002_012029ファクタリングと言うのは、売掛金(売掛債権)を売却し、資金回収スピードを早くすることが出来るというサービスになります。

特に建設業・小売業・製造業の経営者の方は、回収サイクルが遅いのでファクタリングによって資金繰りが良くなる傾向が多いようですね。

確かに手形を切ってもらっても、業界的に厳しい建設業や仕入れが必要となる小売業にとって、売掛金が先に入ってくると言うのは本当に助かるところだと思います。

キャッシュフローが良くなれば、新規取引先を探すことも出来ますし、新しい仕入れを起こす事も出来るようになってきます。 「建設業・小売業・製造業にはファクタリングのメリットが大きい」の続きを読む…

ファクタリングのメリットとデメリットとは?

ファクタリングについては、当サイト「ファクタリングとは?」をご覧頂けましたらご理解頂けるかと思います。

ココではそんな資金調達、資金繰り、キャッシュフローを大幅に改善出来るファクタリングのメリットとデメリットをまとめてみたいと思います。

ファクタリングのメリットとは?

ファクタリングのメリットと言えば、

 売掛金を早期に回収する事が出来るのでキャッシュフローの大幅な改善になる

売掛金と言うのは、現金振込みであったり、手形であったり。月末締めの翌月末支払い、120日手形、180日手形といったように、現金化されるのに時間がかかる事が非常に多くなっています。

これはある意味、事業を行う上で覚悟をしなくてはなりませんが、この間にも必要経費はどんどん出て行くわけです。事業で一番の命取りとなるのが「資金繰りの悪化」です。

黒字倒産なんていう言葉をよく聞きますが、利益は出ていても現金(キャッシュフロー)が悪くなると会社はかなり危険な状態になってしまいます。このファクタリングはその資金繰りには非常に有効な資金調達方法と言えるのです。 「ファクタリングのメリットとデメリットとは?」の続きを読む…