ファクタリングの会計処理について

a0003_001808ファクタリングを行う時、どのタイミングで仕訳を起票するべきか?という事がわからない方も多いかと思います。そこでファクタリングの会計処理について簡単にご紹介してみましょう。

まずファクタリングと言うのは、簡単にご説明すると売掛金(債権譲渡)をファクタリング会社にし、資金回収を早める、と言うのがファクタリング取引になります。

このファクタリングの会計処理に関する考え方ですが、この債権譲渡(売掛金)に際して、一定の条件のもと債権譲渡した会社が債権を買い戻す特約などがある場合は、債権譲渡日に仕訳を計上する必要はありません。

しかしこのような特約はファクタリングにはありませんので、基本的には債権譲渡日に売掛金等の債権の消滅を認識する事になります。 「ファクタリングの会計処理について」の続きを読む…