ファクタリングを利用すると手形の印紙代が無くなる

印紙最近では、手形をやめてファクタリングへ変更をしている企業も非常に多くなっています。

その理由としては、手形支払いをする企業からしてみれば、
 印紙が不必要(経費削減)
 手形郵送等の時間や 準備をする人件費の削減
になるからです。

また受取側としては、
 郵送代の相殺が無くなる。
 手形管理が不必要になる。
 引のために銀行持ち込みや、支払期日に銀行に持ち込む手間が無くなる。 「ファクタリングを利用すると手形の印紙代が無くなる」の続きを読む…